みみ太郎の集音器SX-009、SX-011-2の評価・使用した感想

補聴器みみ太郎SX-011-2の画像

みみ太郎集音器・SX-009SX-011-2の価格、
評判や口コミ、実際に使用した感想をご紹介します。

高性能の日本製補聴器みみ太郎

実に76000人の方たちに利用されて、その性能の良さが皆さんに評価され
支持されています。

価格だけを見ると、「少し高いかな?」なんて思うかも知れません。
でも、自分の耳のように聞こえる、みみ太郎のその性能の良さを知ると
ご理解いただけると思います。

耳が聞こえないこんな悩み、解消しませんか

貴方や家族はこんなことで悩んでいませんか?

何度も同じことを言わないといけない。
大きな声で話すのは疲れる。
いつもテレビの音量が大きく、苦情が来た。
話しかけられたのに、それに気が付かなかった。
耳が聴こえないので、最近は話声が大きくなった。
こういったことの積み重ねで、ストレスも溜まるし毎日がイライラ。
今まで通りに話ができないのは、とっても疲れますよね。

今までに多くの製品を試しましたが、なかなか良いものに
巡り会えませんでした。

私の父も耳の悪い家系で、60代の頃から耳が遠くなって、
今まで何種類もの補聴器や集音器を購入してためしました。

中には使えなくて捨てたものもありますし、操作性が悪くて
使いにくいものもありました。

安めの製品だとインターネットで販売しているオムロンの
イヤメイトデジタルAK05、シーメンスのデジミミ2、リオネット補聴器の
8,0000円の製品など、他にも数十万円の製品も試しました。

貴方も以前の様に、テレビや映画を楽しんで、家族やお孫さんとの団らんも
取り戻しませんか?

多分ですが、どこの家庭でも上に挙げたような、聞こえないことで
生じるストレスやイライラは貴方も経験していると思います。

大きな声で何度も言ったり、話が噛み合わなかったり、
孫との会話でまったく話しにならずに落ち込んでいたりと、
思い出すだけでも多くの事がありました。

実際に使用した感想

みみ太郎のSX-011-2の外箱

実際に利用した感想を、聞いてほしいです。

父が使用して気がついた点を、箇条書きにしてみます。

良い点

①音が鮮明
②雑音が少ない
③音量のツマミが大きく操作が簡単
④電池が充電式なので楽
⑤電池が単3で交換するのも、補聴器用の電池ほどは小さくなく、
取替も面倒でない。しかも充電器も付属している。

悪い点

①SX-009はフックやクリップがないので、ポケットに入れるか
付属のストラップを利用して首から掛ける必要がある。
②見た目が少し安っぽい

悪い点は「強いて言えば」くらいのものですが挙げてみました。

特に良い点の①と②については、以前利用していた補聴器と比較して
大きな違いを感じたようです。

テレビも普段は音量が20まで上がっていたのが、これを利用して10の音量で
聞こえるそうです。

しかも以前に利用していたものは、8万円以上していましたので、
こちらの耳太郎のほうが、値段は安いんですよね。

家族の私達も、聞き返す機会も減って、ちょっとびっくりしました。
値段はそれほど高くないのに、こんなにも性能に違いが出るものなのかな?
なんて思います。

それとも、他のメーカーさんの製品はただ単純に、値段が高いだけ
なんでしょうか。これまでに数十万円の補聴器も購入した経験からすると、
どうしてもそう思えてしまいます。

やっぱりこういうものは、性能の良い高くない製品を選ぶのは難しいですね。
でも、シマダ製作所の製品は無料でも貸し出しされていて、正直とても助かりました。
ですので迷ってみえる貴方には、オススメしたいと思います。

高性能の日本製補聴器みみ太郎

製品の性能と特徴

SX-011-2のチラシ画像

この集音器「みみ太郎」は、とても自然に貴方が聞こえるよう、
そんな製品になっています。

シーメンスやオムロンの製品も、値段の高い品なら悪くはないんです。
実際にそういった商品も試しましたから。でも総合的に評価するなら、
迷わず「みみ太郎」がオススメ。

じゃあ、他の製品との違いは何?

とても自然に聞こえます

ポイント1
音が立体的なので、どこから音が来るのか分かる他の補聴器のように
不自然に聞こえない

この集音器は実際の耳の中にある「耳介」という部位と同じような構造の作りで、
自然に聴こえます。

また、この機能が有るので大勢の人がいる場所でも、相手がどこから話しているかも
分かります。

簡単に操作

ポイント2
音量調節も簡単
音の大きさの操作がとても簡単

これも製品によっては、調整するツマミが小さすぎて、結構面倒です。
特にご高齢の方は調整だけでも、嫌になります。

電池は充電式

ポイント3
電池は充電式なので、余分な費用はかかりません。

SX-011-2は単三電池を利用SX-009は充電式なので電池の購入は不要

普通の単3電池も利用できるので購入も簡単。
インターネットの専門店での購入や、専門店へ行く必要もありません。

この、電池に関してですが、機種によっては消耗が激しく、定期的に交換するのも
面倒ですが、こういう集音器・補聴器は結構めずらしい思います。

長時間の利用も出来る

ポイント4
自然に聞こえることが、長時間の装用を可能にして煩わしさを小さくしました。
自然に聞こえない補聴器・集音器は付けるだけで疲れます。

シマダ製作所の安心の品質とサービス

ポイント5
製造は群馬県の富岡市で、どこかのメーカーの大量生産のような中国製とかではありません。

製品には2年間の保証付きで故障の際には無料で交換出来ます。

修理も大抵1日で行って、返送できます。
また修理中は、代替機の貸し出しもあって安心。

聞こえ方や使い方など製品についての不安は、電話やメールで
問い合わせ可能です。

SX-009の特徴をご紹介

充電式の置型なのでご自宅や会議、コンサートや演劇等にはこちらがオススメ。

少し大きいですが、付属の専用ケースも有るので、持ち運びも便利。
人口耳介を内蔵しているので、音の聞こえ方は自然で、疲れません。

操作は簡単

つまみは、大きくて簡単に操作できます

イヤホンも独自の設計で、耳に収まります。
(市販のイヤホンも使えます)

充電式なので、電池を新たに買う必要はありません

1回の充電(12時間)で120時間の利用ができます。

SX-011-2の特徴をご紹介

外出の際の利用が中心なら、SX-011-2がオススメ

私の父もこちらを購入しました。

写真のとおりですが、サイズが小さいので、お出かけの際の利用は
こちらのSX-011-2
が良いと思います。

外出の際に使うのが目的なら、やっぱりこっちですよね。
この小さいタイプは特殊なマイクを使っているので、「音かどこから来るのか」
ということが分かるようなそんな聞こえ方です。

電話でも問題なく会話が出来ますし、自分自身の声も響きません。
そして風きり音も軽減されているようです。

とにかく快適のようです。

軽い

重さは58グラムなので、胸ポケットに入れたり、首にかけても軽い

簡単に操作

ツマミは大きいので操作が簡単。
音量のメモリも見やすい。

電池式で長く使える

1日16時間の利用でも、1週間も使えるほど。

電池がなくなるとランプが赤く付くので、わかりやすい。

両耳 70,000円
片耳 68,000円

上記の2つは無料レンタルが可能なので、気になった貴方は試してみて下さい。
私の父も2種類を試した上で、SX-011-2の購入に至りました。
高性能の日本製補聴器みみ太郎

コメントを残す